犬と人間との共生が始まったのは縄文時代の中期~末期と思われます。

MENU

犬など動物はいつから人間と一緒に暮らし始めた?

顔をだす犬

 

まだまだペットブームが続く昨今、犬や猫などのペットは私たちにとってとても身近な動物です。
犬や猫を飼っている人たちにとっては、ただカワイイというだけでなく、もはやなくてはならない家族の一員といった位置づけなのではないでしょうか?

 

しかし、今ではすっかり人間と共存している犬などの動物、一体いつから人間と一緒に暮らすようになったのでしょうか?
人間と、犬が共に暮らし始めた歴史を紐解いてみましょう。

 

 

犬と人間との歴史

犬と人間の関係性がうかがえる歴史は、なんと太古の旧石器時代にまでさかのぼり、その時代の遺跡から、犬の先祖であるオオカミの骨が発見されています。

 

そして、今から約1万5000年以上前の縄文時代には、オオカミから進化を遂げた犬の骨が、一部の貝塚や遺跡から発掘されており、それらの中には、人間の手によって埋葬されていたり、人間と一緒に埋葬されているものもあるそうです。

 

さらに、縄文時代の中期~末期には、すでに人間との共生が始まっているとみられ、人間の居住跡から多数の犬の骨が見つかっており、その時代からすでにペットとして飼われていた様子もあるとのこと。
ペットの中でも、犬と人間との歴史はとりわけ長いことが分かりますね。

 

 

オオカミが家畜として飼われたのが起源

そもそも、野生で暮らしていたはずの犬が、なぜ、どのようにして人間と関わりを持つようになったのでしょう?
実は、犬と人間が生活を共にするようになったきっかけとしては、はっきりしたことは分かっておらず、諸説あります。

 

しかし最も有力な説として、ある時からオオカミが、人間の住居に近づき、食べ物の残りなどをあさるようになったことから、人間がその中でも攻撃性が低く、人慣れした個体を家畜として飼い始めたことがきっかけと言われています。

 

狼

人間は、長い間弓矢などを使って野生の動物を捕える「狩猟」によって食料を得ることで生活をしていました。
そんな人間にとって、足が速く、瞬発力や機敏さに優れた犬は、当時狩りの相棒として、とても魅力的だったのです。

 

さらに、犬と暮らすことによって、夜に野生のオオカミや犬などから居住地を荒らされるのを防ぐことができたため、この時代、家畜としての犬は今でいう「番犬」の役割も果たしていたと考えられています。

 

一方、犬も人間と暮らすことで、エサを確保できたり、外敵から身を護ることができます。
こうして、犬と人間は互いに「共生」への道を歩み始めました。

 

 

あの歴史上の人物も犬好き!?

アヌビス神

始めは家畜として飼われていた犬ですが、徐々にその役割は多様化していきます。
古代エジプトの神話には、「アヌビス」という犬の姿をした動物が登場しており、その当時から犬が神聖な存在であったことが分かります。
また、日本では、奈良時代の「日本書記」に、犬が神として登場しています。

 

平安時代には、ペットブームがあり、そのころから犬や猫を愛玩用として飼う習慣が広まったとされています。
歴史上にも、「犬好き」とされる人物がいますが、なんとあの「聖徳太子」も、大の犬好きとして知られていました。奈良県の達磨寺には、今でも聖徳太子の愛犬である「雪丸」の石像が残っています。

 

他にも、大河ドラマで話題となっている「西郷隆盛」も、愛犬「ツン」を連れた銅像で有名ですよね。
こうして見てみると、歴史上の偉大な人物たちの大切な相棒として、犬は昔から私たちの生活に深く関わっていたことが分かりますね。

 

 

まとめ

ペットとしての犬は、今や私たちの生活に自然に寄り添っていますが、私たちと犬との歴史は予想以上に深いことがお分かりいただけましたか?
見た目のかわいらしさだけでなく、俊敏さ、足の速さ、逞しさなどから、私たちは犬を頼り、信頼し、愛情を注いできたのです。
そして昔から生活を共にしていたからこそ、犬もまた私たちを愛し、いつも癒しを与えてくれるのかもしれませんね。

 

また、現代では犬の他にも人気なペットがたくさんいます。
日本で人気があるペットもチェックしてみましょう。