ペットを身勝手な理由で飼育放棄するのは許されないと自覚しなくてはいけません。

MENU

殺処分について

檻の中で不安な犬

 

みなさんは、「殺処分」について知っていますか?
テレビ番組などのメディアでも取り上げられることがあるので、誰しも聞いたことくらいはあると思います。

 

普段、私たちの生活の中では、なかなか身近に感じることのない話ですが、この日本で、今も殺処分は毎年行われています。
近年では、自治体などの取り組みにより、その数は徐々に減りつつありますが、未だに年間約1万5千頭もの犬が殺処分されているのです。

 

殺処分はなぜしなければならず、私たちはどのように今後すればよいのでしょうか?
ペットブームの一方、大変重く、暗いお話ではありますが、ペットを飼っている人はもちろん、ペットを飼ったことがない人も、これからペットを飼いたいと思っている人にも、絶対に考えてほしいテーマです。

 

 

殺処分はなぜ必要?

「殺処分」とは、都道府県や各地方自治体が運営する保健所、動物愛護センターが引き取った動物を殺害することです。
各都道府県や自治体により多少の差がありますが、保健所や動物愛護センターは、捨て犬、捨て猫などを保護し、一定期間経つと殺処分を行います。

 

中には原則殺処分を行わず、そのまま飼育を続けるところもありますが、保護する動物の数が多いと、経済的な面や人手不足、施設の収容能力などから、増え続ける犬や猫をずっと飼育していくのが困難なところもあります。
中には人間に害を及ぼす恐れのある病気に感染した疑いのある動物を処分する場合もあります。

 

「殺処分が必要」なのではなく、捨て犬や捨て猫などを保護し続けることが困難なので殺害せざるを得ない事案が圧倒的多数を占めているのです。

 

 

犬や猫が捨てられる理由

上記の通り、殺処分は捨てられた、または飼い主不明の犬や猫に対して行われますが、なぜ、犬や猫は捨てられるのでしょうか?
実際に保護した犬や猫の飼い主による理由をいくつか挙げます。

 

・吠える声がうるさくて近所迷惑になってしまったから
・犬が予想以上に大きくなってしまい、しつけが大変だから
・経済的余裕がなくなったから
・老犬になってかわいくなくなったから
・引っ越し先に連れていけないから
・子犬を産ませたが、貰い手がつかなかったから

 

どれも実際によくある理由ですが、無責任としか言いようがありません。
飼い主には捨てる理由があっても、犬や猫にはこうした身勝手な事情により「捨てられる理由」などないのです。

 

このような「無責任な飼い主」になってしまわないよう、犬を飼うことに向いているのか、向いていないのか、飼う前にしっかり確認しましょう。

 

 

私たちができること

では、こうした現状から、私たちに出来ることは何でしょうか?
まずは、飼ったペットの生涯において責任が持てない場合には、飼うべきではないということです。
ペットブームの今、かわいい犬や猫を飼いたいという気持ちになることもあるでしょう。

 

しかし、経済面やライフスタイルをよく考え、本当に寿命を全うするまで飼えるのかどうかよく考えてみて下さい。
ペットのいる生活は素晴らしいものですが、楽しい、かわいいだけでなく、出費や面倒を伴うことも確かです。
そして、ペットを飼ったら必ず寿命が来るまでその命に責任を持つこと。身勝手な理由で飼育放棄をすることは絶対に許されないと自覚してください。

 

また、自然災害の多い今、捨て犬や捨て猫だけでなく、災害により飼い主と離れ離れになってしまう犬や猫もたくさんいます。飼う際は、こうしたいざというときの「迷子対策」も考えておきましょう。
最後に、これからペットを飼いたいと思う方には、是非一度、保護施設から引き取ることを考えてみてほしいと思います。

 

殺処分の今と向き合い、一人一人が自分に何ができるのか考え「命」を守る自覚を持つことが、現状を変える第一歩になるのではないでしょうか?