災害時にはペットもパニックに陥るため、素早く避難ができるためのしつけが必要です。

MENU

災害時のペットの避難

災害時の避難

 

日本は自然災害が多く、ここ数年は特に未曽有の災害に多数見舞われ、各地で甚大な被害が発生しています。
災害時、ご自身の身の安全を確保するのはもちろんですが、それと共に大切なのが、ペットを飼っている人はペットの避難方法を把握しておくことです。

 

先の東日本大震災では、多くのペットが飼い主と離れ離れになってしまい、その後、現在に至るまで再会できていないケースもあります。
こうした事実を受けて、環境省は「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を発表しました。

 

いざというときのために、私たちが普段からできることは何でしょうか?
今回は、災害時のペットの避難についてご紹介します。

 

 

災害時は同行避難を!

災害時にペットを置いて避難し、迷い犬、迷い猫などが多数発生してしまうと、それらの動物の保護には多くの時間と労力がかかってしまいます。

 

また、去勢や避妊手術を受けていない動物の場合には、保護が遅れる間に繁殖し、住民に危害を加えたり、公衆衛生上悪影響を与える恐れもあります。
これらのことから、飼い主の責任として、災害時にはペットと同行避難をすることが推奨されているのです。

 

災害時には、まずは自分の身の安全を確保し、次にペットの安全も確保します。
そして非難が必要な場合には、ペットをケージ等に入れるか、リードをつなぎ一緒に避難しましょう。

 

 

災害時のために普段からできること

とはいえ、災害時は人もペットもパニックになることが想定されますね。
いざというときのために、普段から災害時のために備えをしておくことが大切です。
飼い主がペットのために普段からできることには、次のようなものがあります。

 

ペットのしつけ

災害時にはペットも不安や恐怖の気持ちを抱き、パニックに陥ります。そんな時でも飼い主の言うことを聞き、素早く避難ができるように、普段からよくしつけをしておくことが大切です。
特に「おいで」「待て」「お座り」などはいつでもきちんとできるようにしておきましょう。
これは避難所や仮設住宅に入った場合にも周囲の人に迷惑をかけないために必要です。

 

ケージやリードに慣れさせておく

避難時に、ケージに入れたり、リードをつないだりする場合には、いざというときにペットが怖がったり、嫌がったりしないように普段から慣れさせておきましょう。
災害時にスムーズに避難できるように、普段から出かける際などにたまに使用し、避難場所や経路の確認をしておくと安心です。

 

名札やマイクロチップの装着

もしも、やむを得ずペットを置いて避難し、その後ペットと離れ離れになってしまっても、ペットが迷子にならないよう対策をしておくことも大切です。
首輪などに名札を付けておいたり、マイクロチップを装着しておくと、万が一迷子になっても再会できる確率が高くなります。

 

マイクロチップとは、ペットの皮膚の下に注射器で装着する円筒型のチップで、個体識別番号が記録されているため、飼い主を特定することが出来ます。
名札のように避難中に外れてしまうという心配がないため、ペットの迷子対策として、とても有効です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?災害に備えて、準備できることが分かったのではないでしょうか?
災害は突然発生し、ペットと飼い主にとっても悲劇を生む可能性があります。
それを防ぐには、普段からペットとの避難を想定し、何が必要か確認しておくことが重要。災害時も慌てずに行動できるようにしておきましょう。